INFORMATION

ボルボ・カーズ浦和/大宮 ブログ

人気のボルボは!?

はじめまして店長の佐藤です

唐突ですが・・・

 

ボルボの中で今人気のモデルってどのモデルだとお思いですか?

 皆様きっと「ご自身がお乗りのボルボが人気であって欲しい!」

 とお思いでしょうが、もしそうでなかったとしてもお許しください

 

昨年は日本で11,787台のボルボが登録されました

 そのうちの52%が60シリーズでした

 

 60シリーズのヒットが一昨年の登録台数7,767台から

 大きく台数を伸ばせた理由の一つです

 60シリーズは前を走る車を認識し状況によっては自動停止もする

 「シティ・セーフティ」を標準装備にしたモデルです

 

 常に安全性を最優先し車を創ってきたボルボらしい安全装備が

 人気のモデルとなった理由の一つかもしれませんね

 

 もちろん60シリーズ以外にも人気のモデルがあります

 コンパクトなエステート V50です

 中でも『Classic』は充実した装備を満載した大変お買い得なモデルです

 『Classic』は歴代のボルボにも採用されてきた特別な称号です!!

 

 お好みに合うボルボは見つかりましたか?

 ぜひショールームにあなたにぴったりのボルボを探しに来てください

このエントリーをはてなブックマークに追加

スウェーデンの冬!

スウェーデンの冬のスポーツと言えば、クロスカントリー・スキーです

 毎年3月の第1日曜日にスウェーデンで開催されるヨーロッパ最大の伝統的なクロスカントリー大会『ヴァーサロペット』

 セーレンからムーラという街の間90kmを走破します

 

スウェーデン独立400周年を記念して1922年から始まりました 

この大会は、スウェーデンの歴史を動かした記念に作られた大会です

1520年、デンマーク軍に追われてムーラにたどり着いた、グスタフ・ヴァーサ(のちのスウェーデン王)は、ムーラの農民たちに、デンマーク軍と戦うことを呼びかけますが、農民たちはそれを拒否します。
失意のグスタフ・ヴァーサはクロスカントリーでノルウェーの国境へと向かいました。
ヴァーサが去ったあと、農民たちは再度話し合い、戦うことを決心し、スキーのうまい農民2人がヴァーサを呼び戻そうとクロスカントリー・スキーで後を追いかけ、ムーラから90キロ離れた国境の村、セーレンでようやく追いつき、ヴァーサを連れ帰ったことが始まりです

そして独立運動をおこし、農民たちはヴァーサとともに戦い、1522年、独立を勝ち取りました。

実際に国王を追いかけた距離が大会で走る距離の90kmになっているんですね 

 大会は朝8:00にスタートし、夜の8:00までにゴールしなければなりません真剣に滑るプロもいれば、途中の休憩所などで休みながらゆっくり滑る人もいるそうですよ

このヴァーサロペットはスウェーデンの一大行事で、世界中から毎年1万人以上のスキーヤーが挑みます

ヴァーサロペットの優勝はクロスカントリー・スキーでも最高峰の栄誉と言われ、数多くのプロスキーヤーも参加しています

ムーラにはヴァーサロペット博物館もあります

独立運動の歴史から、大会の記録すべてが展示されています

ムーラのゴール地点

最近では、アメリカ、中国、そして日本でもヴァーサロペットが開催されています

「ヴァーサーロペット・ジャパン」は、1981年より北海道の旭川市で毎年開催されていて、1986年の第10回大会にはスウェーデンのカール16世グスタフ国王がご臨席されました(2012年は3月10日に開催されます)

スウェーデン、アメリカ、日本の3大会を完走した人には「国際バーサー賞」が授与されるそうですよ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ストックホルムメトロ

「世界一長い美術館」とも呼ばれる、スウェーデン・ストックホルムの「地下鉄アート」をご紹介します 

 スウェーデンの首都・ストックホルムには、スウェーデン唯一の地下鉄「ストックホルムメトロ」が、中心部から郊外の住宅地へと、3路線から構成され、全長105.7kmに渡って伸びています

この3路線はそれぞれ色の名前で区別されています

 ローダリンジェア(レッドライン)

グルンリンジェア(グリーンライン)

ブローリンジェア(ブルーライン)

 ストックホルムの地下鉄は、岩盤を掘りぬいて建設された駅も多く、そのゴツゴツとした壁面をうまく利用したアートなどもあり、一見すると、地下鉄の駅なのか、美術館に来たのかわからなくなるほど、オシャレなものばかりだそうです

 地下鉄のアートに携わっているのは、100人以上のアーティストで、現在100ステーションあるなかで、各ステーションには、それぞれ違うアートがされています

 例えば、ストックホルム中央駅のアートは、1975年に創られたもので、ごつごつとした岩肌の天井に白のペイントが施され、その上に、色鮮やかなブルーでお花の模様が描かれたものです


 

ストックホルムの地下鉄に乗ると、数分おきに、テーマの違う美術館に来ている感覚になるそうですよ

現在ほとんどの駅がアートされており、中にはスウェーデン在住の日本人の作品もあります

 

 地下鉄の掘削が始まった1940年代からこの構想はあったそうです

スウェーデンのデザインに対する考え方がうかがえますね 

Solna centrum駅。環境汚染がテーマになっています↓

ストックホルムに旅行の際は、地下鉄に乗ってみるのも楽しそうですね

このエントリーをはてなブックマークに追加

VOLVO認定中古車フェアの結果

2週連続(2月4日、5日と2月11日、12日)で開催されましたVOLVO認定中古車

APPROVED CAR FAIRは、ボルボ・カーズ大宮、浦和ともに大盛況でした。

チラシに写真掲載した車両9台の内、なんと5台のご成約をいただきました

ご来場いただいた方、お問い合わせのお電話をいただいた方、誠に有難うございました。

今後とも、より良い車両をご案内させていただきますので、ファーストオート㈱の

ホームページは毎日チェックして下さいね

このエントリーをはてなブックマークに追加

「名前の日」

今週は、スウェーデンをはじめ、北欧、ヨーロッパなどでも有名な「名前の日 について、ご紹介します

 スウェーデンでは、1月1日から12月31日までカレンダーにはその国の一般的な名前や、伝統的な名前が書かれています

 

 これは毎年変わらず同じ名前です

 もともと、この「名前の日 は、キリスト教における「聖人」に祝日を割り当てられた「聖名祝日」が始まりとされています。

「聖名祝日」と聞くと日本人の私たちには、あまり馴染み深くありませんが、2月14日の「聖ヴァレンティヌス」は日本でも有名なバレンタインデーです

スウェーデンではこの毎日の「名前の日 がとても生活に密着していて、例えば自分と同じ名前の日には誕生日ほど盛大ではありませんが花束をあげたり、手紙を書いたり、逆に生まれた日の聖名を名前としてつけたりするそうです

1月28日の「Karl」の日はスウェーデン国王の「名前の日 なので、祝日になります 

最近では、この「名前の日 にない名前も増えていて、ユニークな名前をつけるのがスウェーデンでは流行っているのだそうです

日本もスウェーデンも同じですね

ちなみにスウェーデンで1番多い苗字はJohansson(ヨハンソン)さんだそうですが、スウェーデンは、最後に「sson」とついてる名前がとても多いそうで、「sson」は、「~の息子」という意味になり、Johansson(ヨハンソン)はJohan(キリストの十二使徒の1人:ヨハン)の息子」となります。

スウェーデンでは誕生日と名前の日、1年に2回お祝いしてもらえるんですね 

このエントリーをはてなブックマークに追加
<< 1 2 >>
2ページ中1ページ目
RSS FEED http://www.volvocars-1st.com/news/feed?feed=rss
インフォメーション
ボルボ・カーズ浦和

ファーストオート株式会社
ボルボ・カーズ浦和
〒338-0011
埼玉県さいたま市中央区新中里5-3-4
TEL.048-829-8181
FAX.048-829-8185
営業時間 10:00 - 19:00
月曜定休


ボルボ・カーズ大宮

ボルボ・カーズ大宮
〒331-0811
埼玉県さいたま市北区吉野町2-230-3
TEL.048-668-7511
FAX.048-668-7522
営業時間 10:00 - 19:00
月曜定休